外国人の技能実習

バナー

外国人の技能実習

日本では多くの外国人技能実習生を受け入れています。


実習生になるのは開発途上国のミャンマー、タイ、インドネシア、ネパールなどの外国人の若者が対象となっています。

カンボジアの外国人研修生の有益な情報をお届けします。

彼らは約3年間にわたって先進国の日本の企業で技術や技能、ノウハウなどの習得に励みます。


日本で母国にはない高いスキルを身につけた後は、母国に帰ってそのスキルを発揮しています。
身につけたスキルを活かして母国の発展に貢献するとともに自身のキャリアアップも約束されています。



日本の企業が造っている製品は海外でも人気になっており、性能の高さには定評があります。

日本で技術を学ぶことは外国人にとって憧れの対象であり、技能実習制度に応募する若者は少なくありません。

現地で面接を経て合格した人だけが、現地で約3ヶ月間の研修を受けられます。

その研修では基本的な技術の講習から日本語や日本の文化やマナーについても学びます。

日本では上司とのコミュニケーションが大切ですが、作業や日常においても日本語のスキルが重要です。



現地での日本語研修だけでなく、来日してからも海外送り出し機関のスタッフが定期的に彼らの日本語研修を行っています。

日本にいる間にはさまざまな疑問やわからないことも発生するので、そうした疑問にも対応できるようにスタッフが相談に乗っています。日本の企業では、実習生に対してそうしたサポートがすでに用意されているので、ただ受け入れるだけで済むように配慮がなされています。

Copyright (C) 2015 外国人の技能実習 All Rights Reserved.